日常使用している平均値咬合器とは違い調節性の咬合器を使用して製作すると安心感があります。

犬歯誘導のない咬合などは感に頼ったり、平均値咬合器の平均で運動させて製作するため

思いもよらない咬合調整が必要になったりしますが、調節性の咬合器は顎運動を再現出来るので

作っていて不安が減少されます。

 

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%813%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%812